コーヒー好きが知るべきデカフェの基本とは

ついつい飲みたくなってしまう、コーヒーを始めとするカフェインが豊富に含まれる飲料。人によっては日常的に何杯も飲んでいる、それをしなければ落ち着かないと考えている方もいることでしょう。しかし、カフェインは適量以上を摂取し続けると、反対に健康へ悪影響を及ぼしてしまう可能性があるとされます。個人差が大きいため世界基準で設けられた限度量と言うものはありませんが、ヨーロッパにおける「欧州食品安全機関」は成人の場合、一日にカフェイン400mg以内が望ましいと発表しています。

これはコーヒーであれば4~5杯となりますので、恐らく多くの人は「ああ、それくらいしか飲んでいない」と胸をなでおろすかもしれません。しかし、カフェインが含まれているのはコーヒーだけではありません。紅茶、緑茶は勿論のこと、コーラにも含まれていますし、昨今では沢山の種類を見かけるようになったエネルギー飲料には、特に大量のカフェインが含まれている傾向にあります。仕事などで忙しい時や眠気覚ましにカフェインを、と思うところですが過剰摂取にだけは気を付けましょう。

そしてそのような制限に関係なく、カフェインに対する耐性が低い人もいることや、妊婦などはもっとカフェインを敬遠する必要があると感がられるため、「デカフェ」という技術が注目されるようになりました。デカフェ、あるいはカフェインレスとも言われ、通常はカフェインが含有されている食品類から、カフェインを除去したもののことを示します。「カフェインを摂取すると、肌荒れや胃腸の具合が低下するようだが、コーヒーの味が好きだから飲みたい」という人は少なくなく、今では多くのコーヒー店を筆頭にデカフェを注文できるようになりました。中には「味が落ちるのでは」と思う人もいますが、それぞれが技術を高めてそのようなことがないよう、努力を重ねているので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *