デカフェとは何ですか

普通ならカフェインが含まれるはずなのに、含まれていないのが「デカフェ」です。例えば、コーヒーなのにカフェインが含まれていないのなら、それはデカフェです。別名として、カフェインレスともカフェインフリーとも呼ばれます。ところで、なぜカフェインをわざわざ取り除くのでしょうか。

それは、カフェインには薬理作用があり、誰であっても摂取しすぎてはいけないことと、病気や体質によって避けるべき人もいるからです。カフェインには覚醒作用があり、眠れなくしまうので、不眠症の人には問題です。また利尿作用もあり、この作用を避けたい場合もあることでしょう。医師からカフェインを控えるよう指導される場合もあります。

それでもコーヒー好きでコーヒーがやめられない人は、デカフェを選択することになります。また健康であっても、コーヒーを飲み過ぎる傾向のある人は、用心のためデカフェのコーヒーを選んだ方が良いのではないでしょうか。デカフェのコーヒーは、コーヒー全体の消費量のおよそ10%だと言われています。カフェインをコーヒー豆から取り除く段階で、コーヒーの味が一部失われるとされますが、最近では技術も進んだため、気が付かない程度だとされます。

今日では、一定のシュアを保持し、味に関しても殆ど問題ない、と受け止められていると思われます。そうでなければ、わざわざカフェインを取り除いた特殊な製品であるのに、全体の10%もの支持が得られません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *