ドリップ式のコーヒーメーカーの機能の比較

ドリップ式のコーヒーメーカー一言でいっても、その種類はさまざまです。今回はその主な種類をご紹介します。まずはフィルターの種類。ペーパーフィルターを使ったコーヒーメーカーが一般的ですが、数は少ないですが金属フィルターやメッシュフィルターを使ったものもあります。

比較してみるとペーパーフィルターを買い足す必要はありませんが、お手入れに少し手間がかかります。次にコーヒーを落とすために必要なサーバー。こちらもいろいろな種類があり、主流の耐熱式のガラスのものや、サーバー自体がポットになっていて温かいまま保温できるタイプのものまでさまざま。一気に飲みきってしまうならガラス製のものでもいいですが、飲みきるのに時間がかかる場合は保温ポットタイプがおすすめです。

コーヒーメーカー本体でいえば、1番一般的なのはコーヒーを淹れるだけの単機能のタイプ。フィルターをセットしコーヒーの粉を入れて抽出します。1番身近で馴染み深い形です。価格も安価で手に取りやすいのが魅力ですね。

次にご紹介するのが、ミル付きの商品です。コーヒーの粉ではなく豆から挽くので、ワンランク上の味が楽しめます。単機能タイプと比較すると若干高価ですが、3000円くらいから購入できますよ。少し高価になりますが、豆を挽くところから抽出まで自動でやってくれる全自動タイプもおすすめです。

フィルターやコーヒー豆をセットすれば、あとはスイッチ1つで自動で抽出。準備が面倒だけど、本格的なコーヒーを楽しみたい方におすすめです。ドリップ式のコーヒーメーカーを購入するときは、機能を比較して最適なものを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *