ドリップコーヒーとは淹れたてのコーヒーのことです

いっぱいのコーヒーを飲むまでには無数の手間暇がかかっています。

まずは、コーヒーの木を育てることから始めます。コーヒーの木を育てている場所は主に海外です。例えば、ブラジルやコロンビアなどです。そして、コーヒーの木を育て、豆を採集します。この時、少し傷ついたものなどは採集しません。採集が終わったら、豆を乾かします。この作業をすることで、豆に甘みがでるのです。乾燥した豆は、空輸され日本に運ばれます。そしてやっと小売店の店頭に並べられるのです。

ドリップコーヒーを作るにはさらに、あと何回かの手順を踏まなければなりません。まず、豆のハンドピックです。これは、良い豆と悪い豆を選別する作業です。これは基本的に手作業で行います。目の疲れるような細かい作業ですが、この工程を経ないと、コーヒーが出来上がった時に雑味が出てしまうのです。ですので、ハンドピックはしっかりと行います。ハンドピックが終わったらコーヒー豆を焙煎します。これは手作業でも機械を使ってもどちらでも構いません。豆を火で熱し、焦げ目がつくくらいまで、熱します。

豆の焙煎が終わったら、豆を細かくすりつぶします。この作業をミルといいます。ミルが終わったら、やっとドリップコーヒーを作る過程に入ります。すりつぶした豆に上からお湯をかけていくのです。この作業をドリップと言い、この作業を通して出来上がったコーヒーをドリップコーヒーと呼ぶのです。ドリップされてできたコーヒーはとても香が豊で、またコーヒー自体に甘みがあります。ドリップコーヒーは手順は煩雑ですが、その味は保証されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *