ドリップコーヒーは入れ方が重要

ドリップコーヒーのメリットと言えば、値段が安いことです。

すでに完成したものが売られている、缶コーヒーなどに比べると、コストは半分以下になることもあります。コストがかからないというメリットもありますが、味がおいしいというメリットもあります。缶コーヒーはすでに完成されているので、味を変えることはできませんが、ドリップコーヒーなら、入れ方を工夫することで自分の好みの味にすることができます。ドリップコーヒーでは、ペーパーフィルター、ドリッパー、サーバーなどの器具が必要になります。

これらの器具をそろえるコストはかかるものの、頻繁にコーヒーを飲む人にとっては、器具を購入してしまったほうがはるかにコストを節約できます。器具をそろえるのが面倒だという人は、ドリップバッグコーヒーを購入すると良いでしょう。ドリップバッグコーヒーなら、お湯とコップさえあれば作ることができます。ドリップバッグコーヒーはホテルなどにもよく置かれていますね。

よく、沸騰したお湯をそのまま使う人がいますが、理想的な温度は95度くらいなので、沸騰をしたら火をとめて、少し待ってからお湯を注ぐのがよいです。お湯の注ぎ方や量なども、コーヒーのおいしさに関係してきます。人それぞれ好みがあるので、自分でいろいろと試してみて、一番おいしくなる方法を見つけ出しましょう。一般的なおいしいコーヒーの入れ方は、インターネットのサイトなどで紹介されていますが、正解があるわけではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *