ドリップコーヒーを美味しく飲むコツ「

ドリップコーヒーは、お湯を上から注いで挽いたコーヒー豆などを通し抽出させたものを言います。

ですので、カップにフィルターを通してお湯を注ぐだけの市販のものや、お店などで機械を通して落としたコーヒーも、ドリップコーヒーとなります。現在ドリップコーヒーはスーパーでも買えますし手軽に飲めるので大変好まれていますが、やはり淹れ方ひとつで同じ種類でも味が異なってきます。ドリップコーヒーを淹れるポイントは、お湯の温度と蒸らすことです。

お湯の温度は沸騰してすぐに入れると苦みが濃くなりますので、85度から90度がよいと言われています。この温度はまろやかさがありコクが出ます。また、お湯は挽いたコーヒー豆にまんべんなく染み込ませましょう。小さな円を描くようにお湯を注ぐとちょうどいいと考えられます。そして一度お湯を注いだら、数十秒待ちます。お好みで1分程度にすると濃いコーヒーを飲むことができます。

この待ち時間が蒸らす時間となります。するとコーヒーにもともと含まれている炭酸ガスが放出され膨らんできます。すると豆の成分がお湯の中に抽出されるようになりますので、お湯を切らさないように真ん中から先ほどと同じく、円を描くようにゆっくりと注いでいきましょう。ドリッパーのお湯が3分の1程度に減ったらまた細く注ぎます。お湯の淹れ方やタイミングにより味も変わってきますし、これは市販のドリップコーヒーでもおいしく飲めるコツです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *