ドリップコーヒーが持つ魅力とは

最近では、インスタントや自動販売機だけでなく、コンビニでも本格的なコーヒーがすぐ購入できたり、豆から購入してコーヒーメーカーで淹れる人も増えてきました。

いつでもどこでも、手軽にコーヒーが飲める環境が整ってきています。ですが、慌ただしい日々の中、たまには他の事を何も考えず、一息つきたい時にお勧めなのがドリップコーヒーをハンドドリップする方法です。コーヒーをハンドドリップで淹れる場合、大きく分けると浸漬法および透過法という2つの方法があります。簡単に説明すると、コーヒーの粉にお湯を浸けておくのが浸漬法、上からコーヒーの粉へお湯を注ぎ、濾すのが透過法です。

ドリップコーヒーというのは、上からお湯をゆっくりと注いでドリップし、粉にお湯を通過させながら抽出したコーヒーのことを指します。コーヒーメーカーで落として淹れるコーヒーや、チェーン店の機械で落とすドリップコーヒーも同様です。忙しい人は、早く飲めればそれで十分という方もいらっしゃいますが、今日はどの豆で淹れようかと考えたり、仕上がり具合を気にしながら淹れるドリップコーヒーには、独特の魅力があります。

ハンドドリップは、淹れる早さを気にすることなく、お湯が沸騰するまでの時間をゆっくり待ったり、豆を挽いた時の香りが部屋に満ちるのを楽しんで、コーヒーを淹れるという行為自体を味わえるのが大きな魅力です。お湯を注ぐと、その瞬間から一層香りが増すので、香りを楽しみながら粉がムクムク膨らむ様子を眺めるのもハンドドリップの楽しみ方の一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *