ドリップコーヒーのおいしい淹れ方

「ドリップコーヒー」とは、上から注いだお湯をコーヒーの粉を通過させて抽出したコーヒーのことです。

ドリップコーヒーは、濾過したコーヒーを受けるサーバー、ポット、ペーパーフィルター、ドリッパーといった簡単な道具があれば淹れられます。おいしく淹れるために、道具はお湯で温めておきましょう。お湯は沸騰させてから85℃~90℃に冷ましておきます。フィルターをドリッパーにセットし、人数+1杯分の挽いたコーヒー豆をフィルターに入れたら、お湯を二回に分けて注ぎます。

1回目は蒸らしのため、2回目はコーヒーの抽出のためです。蒸らしのためのお湯はドリッパーの真ん中に、小さな円を描くように注ぎます。ペーパーフィルターは濡らさないようにしましょう。お湯を注いだら30秒、濃いコーヒーがよければ1分程度、そのまま待ちます。蒸らしが終わったら、コーヒーを抽出します。お湯を注ぐ時は、中心から円を描くように少しずつ注ぎます。お湯を切らさないように、ゆっくりと注ぎましょう。

注ぐスピードによって味わいが変わってくるので、内側から外側に、外側から内側に「の」を描くように注ぎましよう。コーヒーの粉が十分に膨らんだら一旦注ぐの止めます。ドリッパーに注いだ湯の量が、全体の3分の1くらいにに減ったら、次のお湯を注ぎます。サーバーの目盛りを確認して、人数分のコーヒーが落ちていたら、コーヒーの雑味が入らないようにドリッパーを外しましょう。丁寧に淹れたコーヒーはおいしいものです。時間に余裕を持ってドリップコーヒーを淹れ、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *