コーヒーメーカーの種類と比較

コーヒーメーカーには大きくわけて3つの種類があります。

今回はこの3つのコーヒーメーカーのメリットとデメリットを比較してみましょう。一つ目はドリップ式のコーヒーメーカー。フィルターを通してコーヒーを淹れるもので、ご自宅や職場などで活躍していますので、一番馴染みがあるではないでしょうか。操作も簡単で比較的安価なものが多いため、インスタントコーヒーでは物足りない方には、最適な商品です。ただし、コーヒーを淹れるたびに、ドリッパーとサーバーを洗わなければいけません。二つ目はカプセル式のコーヒーメーカーです。

最近流行りのカプセル式は、ドリップ式のようにコーヒー豆で淹れるのではなく、専用のカプセルを利用します。必要なのは、専用のカプセルと水だけなので、手入れが簡単で手軽なのが魅力です。しかし、カプセルを選ぶことはできますが、コーヒー豆からコーヒーを淹れることはできません。また、一杯あたりのコストも、豆にもよりますがドリップ式よりもかかります。最後は、エスプレッソマシンです。名前の通り、エスプレッソを抽出するために使用します。エスプレッソは、コーヒー豆に圧力をかけて抽出する濃厚なコーヒーです。コーヒーの粉はドリップ式などで使うものよりも、さらに細かく引いたものを利用します。豆を挽くためのミルも一般で発売されているものでは、難しい上に、エスプレッソマシン自体も高価であることから、プロ向けのものといえるでしょう。三種類のコーヒーメーカーを比較してみましたが、どの商品にもメリットとデメリットがあります。ライフスタイルにあわせて選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *