コーヒーメーカーの比較ポイントについて

コーヒーメーカーを選ぶときの比較ポイントは人により様々です。

ライフスタイルや使用頻度、人数などにより変わります。まず最初に確認しなければならないのは、何杯のコーヒーが淹れられるかです。家族が多い場合や、職場などで利用する場合は、比較的たくさんのコーヒーが淹れられる大きなものがおすすめです。逆に一人暮らしなら、一度に2杯程度のものでいいでしょう。保温機能も大事なポイントです。コーヒーメーカーの台の温度を高めて保温するタイプのものと、サーバー自体が保温性のポットになっているものの2種類があります。

台の温度を高めるタイプのものは、時間がたつとコーヒーが煮詰まってしまうデメリットがあり、保温ポットは普通のサーバーよりも、サイズが大きく重い点が気になります。短時間で消費するなら台の温度で保温するもの、時間をかけて消費するなら、保温ポットタイプのものと、用途にあわせて選びましょう。三つ目は、機能についてです。昔と違い、今ではさまざまなコーヒーメーカーが出回っています。通常のドリップ式のものから、ミルのついたもの、カプセルタイプのものや、エスプレッソマシンなど多種多様です。サイズやコストパフォーマンスも比較することが必要です。サイズを確認せず購入して、置き場がなくてあまり使わなければ、せっかくの買ったコーヒーメーカーが無駄になります。また、手軽さ重視で一杯あたりの価格が高くなってしまえば、外で飲むのとあまり変わらなくなってしまいます。このように、コーヒーメーカーには選ぶためのポイントがたくさんあります。デザイン重視で選んでしまわないよう、購入前に比較ポイントを確認してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *