カフェインレスコーヒー

カフェインレスコーヒーは、カフェインを取り除いた後のコーヒーのこと、デカフェとも呼ばれます。

抽出されたものは、色はほとんど変わりませんが、味や香りは通常のものと比べて弱くなっています。よって、本来のコーヒーの楽しみ方である味や香りを楽しむことはできません。そのようなカフェインレスコーヒーを選ぶ理由には、カフェインの作用にあります。

カフェインは、利尿作用があり体から水分を奪う働きがあります。また、摂取量が多くなると骨が弱くなったり、依存性があったり、イライラしたり、疲労感や集中力の欠如が確認されています。最も怖いのが中毒症状による死亡です。かなり摂りすぎた場合でありこのような健康被害を懸念されるため、カフェインレスを選ぶ方が年々増加しています。よく、眠気覚しのために利用されてきましたが、それはカフェインによるものでカフェインレスコーヒーにはそのよう効果がありません。

カフェインによる眠気覚しは耐性がつきやすく、何度かやっていると効かなくなることが知られています。カフェインレスコーヒーは、有機溶剤によるカフェインの抽出によって作られます。生豆から直接取り出す方法や一度生豆を水につけて出てきた水溶成分から有機溶剤を使ってカフェインを摂り除く方法があります。カフェインを抽出された生豆は、しっかり焙煎されてカフェインレスコーヒー豆として造られます。その後の使い方は一般のコーヒー豆と同じ方法でドリップします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *