レギュラーコーヒーとは

レギュラーコーヒーと言うのは、コーヒー豆を焙煎して淹れるコーヒー全般を指す名称です。

インスタントコーヒー対して作られた日本固有の名称で、コーヒー豆を使って入れるタイプであれば、簡易的なパック包装のドリップタイプの物もレギュラーコーヒーと呼ばれます。レギュラーコーヒーは手軽に飲めるインスタントに比べて、淹れるのに手間が掛かったり、道具や消耗品代が余計に掛かります。しかし香りも味もコーヒー本来の魅力が楽しめ、淹れ方によっては更なる美味しさの追求も可能な所が魅力と言えます。

また広いターゲットに受けるように、味が一般化されているインスタントに対して、レギュラーコーヒーは選ぶ豆毎に違った風味が楽しめます。又それらをブレンドする事で、自分好みの味の追求をする、と言った楽しみ方も出来ます。レギュラーコーヒーを淹れる為には、最低でもドリッパーやサーバー、そしてペーパーフィルターや計量スプーンと言った道具が必要になります。これだけ揃っていれば、一応コーヒーを淹れる事はできます。

拘らなければ数千円で揃えられる道具ですが、美味しいコーヒーを淹れる為に、道具に拘る人も多く存在します。コーヒーメーカーやネルドリップの為のろ過器、コーヒーサイフォンなどが、ハンドドリップとは違った味わいを求める人たち向けに販売されています。コーヒーを入れた後の出涸らしは、植物の肥料として使ったり、害虫よけや猫よけに使用する事ができます。
オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *